PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪人、見たけど

20101205_338.jpg
この前ね、日本の映画の「悪人」っていうのをね、イギリス人の友達の家で見ました。
私はさ、やっぱ邦画得意じゃないなぁって心底思いました。笑
規模が小さくて世界が暗く見えてしまうのん。これはねー、どの映画でもなんかそう。
ハリウッドの映画は単調かもしれないけど、なんか突き抜けた明るさがある気がするの。
画面的な意味でね!!ハリーポッターは暗いよねー!ライトもっと!!!てなっちゃう。
土地柄の問題なのかね。この悪人っていう映画みてさ、確かに素晴らしい構成で
とても評価される映画なんだろうなとは思うんだけど、私はすーーっごい見終わった後に
叫びだしたくなっちゃったんだよね。
出てきた登場人物、みんな間違ってると思っちゃった。
愛を受けられなくて育った主人公は、それを自分の環境のせいにしすぎだ。
愛する人が犯した殺人を知った彼女は、逃げることが正解じゃなかった。
だけど、それでもどうしようもない、理解できる社会のアンフェアさも。
馬鹿みたいなマスコミの報道も。だけど全部間違ってるって思った。
だからいい映画だって言われて、なんか凄く私の中では違和感が凄くあって。
いい映画なんだろうけど、私は好きじゃない。共感が出来なかったんだよね。
みんな回りを諦めすぎてる。みんな自分を疑いすぎてる。
みんな感謝が足りなさ過ぎる。

私思うんだよ。
誰かにありがとうを言われたかったら、自分が誰かにまず言わなきゃね。
誰かに信じて欲しかったのなら、自分が誰かを信じなきゃね。
誰かに愛されたかったら、まず自分が誰かを愛してあげなきゃね。

自分が誰も信じないのに、「誰も僕を信じてくれない」なんて聞きたくない。
自分が誰も愛してないのに「誰も僕を愛してくれない」なんて聞きたくない。

だからなんか違う!って。すごくそう思った。

世界を変える鍵なんて、自分しだいだと思うのに。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

| OLYMPUS E-620 | 04:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>limeサマ
こんばんわー!そうですよね!評価される邦画って結構
ダークだったり、なんだか救いが無い映画が多いような気がしますよね!
どうせだったら私は出口が少し高くなってる映画が見たいなって思うんですが。
単調じゃなくってもいいので、、、って。難しいですよね><
どうしようもないけど、こんな世界だけどって、だけどどこかに
救いのあるお話の方が、私は好きです。^^;

| 陽 | 2011/04/13 01:37 | URL | ≫ EDIT

うん、うん、私もそう思います。
・・・って、この映画はまだ見れてないんですが・汗
きっと私もそう思うだろうと思って、手が出せない。
(見てから判断しなきゃいけないんですけどね)
評価される邦画は心理描写が緻密で繊細で、文学的にはすごいんだろうけど、見終わった後、なんかどんよりとしてしまいます。突き抜けたもの無くて。内へ、内へ入り込んで、猛進して。
映画にも小説にも、人間って、愚かなんだけど、かわいくて愛すべき生き物だよねっていう感覚が欲しいんですが。
邦画を応援したい私としては、同じように、「う~~ん」な感じです(^^ゞ

| lime | 2011/04/12 08:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyuthpon.blog75.fc2.com/tb.php/602-901b55c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。