PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鶏と卵

contax000000155.jpg
鶏が先か、卵が先か。結構有名なフレーズですよね。昔ソフィーの世界っていう
哲学のファンタジー小説を読んだときに、どっぷりはまり込んだのが、コレでした。
作品の中で、ソフィーが「いつか、何かが生まれたはず」って考えだすんですよね。
鶏は卵から生まれる。卵は鶏から生まれる。じゃあ、はじまりは何処?
それがどんどん哲学と宇宙の話しになっていくっていう。
私は映画も見たし、テレビで広末とヨースタインさんが対談してる番組も見たのを
覚えています。一番印象的だったのは、ヨースタインさんは不老不死のライターが
目の前にあったとしたら、自分は迷わずつけるだろうって言ってた事ですね。
不老不死って、私には耐えられないよなって思います。
はじまりがあれば、おわりがあるんだって。じゃ、おわりがないのは、どういうこと?
原作の漫画の風の谷のナウシカにね、不老不死のヒドラが出てくるんだけど、
その存在に向かってナウシカが言うんですよね。生きることは変わることだって。
でもあなたは変わらない。死を否定してるから。って。要するに、
生きてないんだって言うわけですよね。人間は生まれながらにして死刑囚だって
ユゴーが言ったみたいに、終わりがあるから、「生きる」ってことに意味があるんじゃ
ないのかなって、私は思ってます。だけど、哲学は楽しいですね、頭を使うし
なんだかちょっと豊かになる気がします。

AGFA Vista400
にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

拍手返信!
>どっちサマ
拍手コメントありがとうございました^^
そういう風に感じていただけるなんて、とても嬉しいです。
ありがとうございますねー!!

| CONTAX 137 MD | 21:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>limeサマ
可愛い鶏、最後のほう全然関係ない話してますよね!私。笑
興味深いって言っていただけて嬉しいです~。
こういう話、私結構聞くのとかも好きなんです^^

不老不死、難しいですよね。私も同じように思います。
限りあるから美しいんですよね。偲んでくれますよ!勿論!笑
終わりが無いって、きっと終わりがあることよりも
暗くて辛いんじゃないのかなって、個人的に思っています。
小説をお書きになられているんですね。遺伝子レベルって凄い!
でも、宇宙の中での命の流れはきっとありますね。
どういう形でどういう命の形成か、科学でまだ到達できてなくても
例えば女の子と男の子の比率がだいたい半分なのも
不思議ですもんね。大きな宇宙のリズムがあるんでしょうね^^
いえいえ!いつでも長いコメントも大歓迎です~!
くだらないブログなのに、読んでいただいて嬉しいです。
ありがとうございますねー!

>ロモボーイサマ
こんばんわー!
深くて難しい話ですよね^^;

ロモボーイさんのお話、凄く凄く良く分かります!
と、いうか私もそうおもっています。時間って不思議ですね^^
永遠が無いって分かってるから、一瞬に恋をするんじゃないかなって。
ずっと続かないって知ってるから、とどめておきたいんじゃないかなって。
写真はすごいですね。その中に時間を閉じ込めちゃうから。
そういう意味も含めて私もカメラが好きなんだと思います^^

いえいえ!リンクこちらこそですよ!
ありがとうございました!

| 陽 | 2010/02/13 19:11 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!
むちゃくちゃ深いテーマですね。

陽さんの記事を読ませていただいて、ぼくはこんなふうに思いました。

生きるとはある意味では時間の経過。一瞬一瞬を紡いでいく営みのようなもの。

その次々と行き過ぎ去ってしまう一瞬を、カメラによって、紙に焼き留めるという作業は、生きているということの確認であり証明であり、生きることにおいては、とても尊い行為なのではないか、と。

少々大げさですけど、そんなふうに考えると写真てすごいですよね!(^^)/
ちょっと無理矢理、カメラと関連づけてみました。(^^)>

リンク、どうもありがとうございます!
今後ともどうぞよろしくお願いします!!!

| ロモボーイ | 2010/02/12 01:46 | URL | ≫ EDIT

またしてもかわいい鶏に引き寄せられたら・・・。
興味深い哲学のお話でした♪
不老不死。魅力的な言葉に聞こえますが、
本当に自分がそうなったら、こんなに怖いことはないですね。
使い古された言葉ですが、限りあるからこそ命は美しい。
自分の命が終わって、それを偲んで記憶にとどめてもらう、そんな幸せの方がいいです。
(・・どうしよう、だれも偲んでくれなかったら・笑)
小説を書くために、不老不死を遺伝子レベルで調べた本を読んだりしてるんですが、やはり神様はちゃんと生まれたときに、タイマーのスイッチを入れていますね。笑
ちゃんと帰っておいでって、言ってるんでしょう。
すいません、また長々と・・・(^_^;) 

| lime | 2010/02/11 22:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyuthpon.blog75.fc2.com/tb.php/345-5fc554f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。