PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天空の城ラピュタ

20080221164641.jpg
まるでラピュタだと思った、イタリアのカラカラ浴場です。 まさに昔々のこの場所で
何があったのか、石が語ってくれそうなくらい素敵な場所でした。
もともと行く予定の場所ではなかったんだけど、名前に惹かれてみんなでふらっと
たまたま訪れたんだけど、行けて良かったなって本当に思います。

20080221165754.jpg
ここもラピュタの空中庭園のような場所。フォロロマーノ。有名で、しかも入場無料の
太っ腹な遺跡です。笑

宮崎さんの作品は、みんな好きです。宮さんの作品は悪者がいないよね。
もののけ姫の時も、宮さんはやっぱりエボシを殺せなかったし、勿論ハウルの
荒地の魔女だってそうでした。そういう溢れ出る人間「宮崎駿」が大好きなんです。
作品も、勿論好きなんですけどね。

ラピュタの特別展示が昔ジブリ美術館でやってて、空想科学の機械達展って
いう名前でしたが、あれは本当に良かったなと思います。
科学の発達と、破壊。これはもう、なんか永遠のテーマなんだなって思います。
便利なのも知恵をつけるのも、いいことなんですよね、本来は。
でも力を持つという事は、責任を負うという事だってこと、忘れちゃいけないですよね。

ラピュタのオープニングが素晴らしいと思います。あれだけで、すごい物語を見た気分だ。
風の力を利用するようになった人間。もっと大きく。もっと強く。
どんどん地底へ富を求めて鉄を作って空を飛ぶ。汚れた大地に背を向けて。
全てが最高潮に発達したとき、終わりが訪れる。
そしてまた、生き残った人々は同じように、風の中で生きる。
始まりと終わりが同じ絵で締めくくられる。まるで、繰り返してるみたいに。
人間は、いつだってバカだから、ちゃんと学ばなきゃいけない。
やっぱり忘れちゃいけないんですよね、沢山の人たちが命をかけてきた歴史だもんね。

そういえば、スイフトのガリバー旅行記もヴェルヌの海底二万海里も
空想科学小説の有名作品だけど、個人的には海底二万海里のが好きです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

| CANON KISS DX | 22:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>こひつじサマ
コナン!いいですよね。笑 あれはテレビシリーズだからこその
遊び心も満載だった気がします^^
流石に遺跡にロボットは…ロボットの写真自体は美術館のがあるんで
合成したら出来ますね。笑

| 陽 | 2009/11/21 20:08 | URL | ≫ EDIT

未来少年コナンに1票W

流石に遺跡にはロボットの残骸は無いんですね?W

| こひつじ | 2009/11/20 23:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyuthpon.blog75.fc2.com/tb.php/276-1e3f7094

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。