PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジブリレイアウト展

xosmos 001
スタジオジブリのレイアウト展が今天保山でやってるので、それを見に行ってきました。
天保山のミュージアムに映る自分達が面白すぎて撮った写真↑
ジブリ、というより宮さん大好きっ子の私にはとてもとても面白い展示でしたー^^
宮さんの描いている絵は、いつもゆがんでいるんですよね。レイアウトでみると、
特に背景がよく分かる。本当に面白いです。これはあとあとゆっくり語ります。笑

で、その後万博公園にコスモス見に行ってきました。
xosmos 006
今日はすごい天気がよかったから、水がキラキラしてました。
フィルムカメラも3つ構えていってきました^^

xosmos 079
万博公園のコスモスは、まだ一角しか咲いてません。
もっと後に見ごろがくるかも。でも、一角には色とりどりのコスモスが咲いてた^^
ちょっとしたスペースで時間と戦いながらフィルムを切るワタシ。

xosmos 086
一緒に遊んだあーやん(左)と、いつもお馴染みのかのんたん。
コスモスの写真は明日ゆっくりあげます。

ここから先はレイアウト展のお話なので興味ない人はスルーして下さいね^^

毎年ジブリの美術館に行って、6年くらい経つんですが、今年は一回も行ってません。
だからレイアウト見るのが久しぶりで。今日は結構圧倒されたりしました。
宮さん自身が書いてるレイアウトも結構ありました!もののけとか、千と千尋は
やっぱり宮さんの絵が多いなって思います。まぁ総データ量も多いから、よく
目に飛び込んでくるっていうのもあるんですけど。笑 あと、ナウシカね。
小さい時から色々見てると宮さんの原画だなーってすぐに分かるものも多くて。
字は特徴あるし、線も筆圧が弱くて太くて濃い鉛筆で書いてる線で。
特に小さい人の表情とか見れば一目瞭然だったりして。面白かったです。
レイアウト展で、一個だけ宮さんのインタビュー5分のVTRが流れてて、そこでね
パースの事を話してたんですよね。僕の書いてる背景が建築家の設計に合ってるかって
言われれば、合ってません。って。これはもう、「もののけ姫はこうして生まれた」でも
かなり話されてた言葉で。人間の目には、自分の見たいものが映るようになってる。
だから見たいものが入るような絵を描くと、人の目に残る絵になるっていう。
だから宮さんの描いている背景って、ぜったい歪んでるんですよね。これって、凄いなって。
パースを引いて絵を描くと、それがとたんにつまんなくなるって。
若い美術さんが、写真を見て絵を描いたりしてるって、でもそうじゃないんだって。
写真には一眼レフで見えた世界が映る。それは、人間の目でみた世界じゃないんだって。
自分達が見る世界はいつだって瞳を通して必ず脳みそのなかに存在するんだよね。
そういう彼は、あぁ、アニメーターってこういうんだなぁって凄く思ったりしてね。
anim、つまり生命を生み出す、仕事なんだもんね。
背景にもね、つまり人間の目から見える世界を描いてる。そこにね、匂いがするんです。
人間くささっていうか。宮さんのアニメに血が通ってる理由って、そこだと思うんだ。
因みに、そういう歪みがハッキリ大きく分かるレイアウトは、大きく引き伸ばされた
魔女の宅急便でキキがトンネルをくぐるシーンの前の建物、とか、
本来まっすぐであるはずの建造物、千と千尋の油屋とかに顕著に見られるかと思います。
個人的には、美術の男鹿さんの名前がレイアウト内に何回も出てきてて面白かったです^^

にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村

| CANON KISS DX | 22:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>こひつじサマ
めっちゃ笑ってしまいました!
実はこれ、影絵で目とまつげをやってる最中だったんです。笑

| 陽 | 2009/09/20 20:50 | URL | ≫ EDIT

左側の人.....スーパーサイヤ人化してません?W

| こひつじ | 2009/09/19 23:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kyuthpon.blog75.fc2.com/tb.php/226-69f0736a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。